【婚活体験談】先輩や同期からの紹介で結婚相手を見つけました

こんにちは管理人です。

今回は、29歳の女性の婚活体験談です。

円満退社をしたくて婚活を始めました

私は、看護師をしています。

看護師は職場の同僚が女性ばかりなので結婚している先輩たちにはやく結婚しろとか急かされたり、同期や後輩が結婚するととても焦ってしまいます。

27歳を超えたところでまわりが浮いた話ばかりしていました。

看護師年数も上がってきて、そろそろ仕事も責任が重くなってきたし退職も考えていたので、できれば結婚をするという理由で円満退社したかったため、婚活を始めました。

先輩や同期からの紹介

婚活といっても、婚活パーティーに参加するのはぎらぎらしたイメージがあり受け入れられなかったので、先輩や同期からのお食事会と称した合コンを開いてもらいました。

知り合いに紹介してくれと頼むことは最初は抵抗がありましたが、事前に結婚をしたいのだと話していたので本気度を伝えていたことで多くの紹介を受けました。

その中でも明らかに自分とは合わなさそうなガテン系の仕事の人達とのお食事会は全く会話が合わずちゃらちゃらしたノリもとても嫌でした。

結局誰1人として連絡先も交換せずに解散したのでした。

このことを機に、最初から期待がもてなさそうな会には行かないと決めていきました。

3回目の会で出会った彼と結婚しました

IT関連の仕事をしている友達がいるからという話があり、3回目の会でしたが、みんなとても落ち着いており女性のことも気遣ってくれ会話も弾み連絡先を交換してみんなで遊ぶようになりました。

お食事会を開いてから半年間グループで遊んでいた後、その中の1人と付き合うことになり、彼の転勤を機に結婚することになりました。

バーベキューをしたりドライブをしたりすることで、飲み会ではわからなかった相手の将来の考えや結婚に対する意識も話すことができたのが良かったのだと思います。

今では本当に27歳のときに婚活を意識して活動し始めてよかったと思いました。

結婚したいのであれば自分から動くことが出会いに繋がります

結婚したいのであれば何か自分から動かなければ出会いもないと思います。

そして数を打てば当たるという考えはとても、無駄な時間も費やしてしまうので、どんな人たちなのかちゃんとリサーチして自分の気分が上がる人たちだと思ったら参加することが大事です。

そして1回会っただけでは相手の性格なんて分かりません。

次回会うときはお酒が飲め入っていない昼間にみんなと過ごし、その中で結婚できる人なのかとうか自分で見極めることが大切だと思いました。

そして信頼している友達や先輩から紹介してもらうことで相手の信用度も上がってくるので信頼している人から紹介してもらうことも大事です。