【体験談】婚活パーティーに参加した37歳の男性
こんにちは、管理人です。

今回は、37歳の男性の婚活体験談を紹介します。


37歳の男性、出会いが全くないので婚活します

私は、富山県在住の37歳の男で農業と販売の兼業です。

ただでさえ田舎なのに人口が数万人程度で過疎が激しい地域に住んでおり、仕事場も住んでいる地域にあるので普段の生活で新しい女性との出会いというものがまったくありません。

これまでに何人かとお付き合いしたのですが、結婚の話が出る前に関係が解消、誰ともすでに会わなくなっていますし、男の友人からの紹介も期待できません。

田舎はどこでもそうなのかも知れないのですが、女性にモテたり人気がある人というのは早く結婚、そうでない連中はいつまでも一人で過ごしていくのです。

学生時代はそれなりにモテた自信もあるのですが、それにあぐらをかいているうちにアラフォーの冴えないおじさんになってしまい、どうにか打開策を講じなければいけなくなってしまいました。

正直すでに自由に恋愛を楽しむことのできる年齢ではありませんし、また収入面でもとても高スペックとは言えず、


タウン情報誌のカップリングパーティーに参加しようとしたが、年収が満たしていません

今後一人で生きていく他ないのかな~とも思いながらも、何とかパートナーを見つけるために婚活を始めることにしたのです。

最初に思いついたのはタウン情報誌などでよく宣伝を見かけたカップリングパーティーで、どれがいいかな~、と色々調べてみましたが、ここで自分のおかれている現実を知りました。

それは収入と年齢による制限で、自分の年齢が37歳ということは重々承知していますが、やはりパートナーの女性には若さと美貌を望んでおり、できれば20代前半までの可愛い女性を望んでいるのです。

まあこれが自分の強い希望ですので譲りたくはないのですが、ただカップリングパーティーの参加条件を見ると20~30前半までのパーティーが多く、

30代後半の男性は30代前半、せいぜい20代後半の女性との組み合わせしかないのです。

まあしょうがないか、と思い参加しようと思ったのですが、よく見ると公務員、もしくは年収500万円の男性と書いてあり、自分では条件を満たしていないので参加することができなかったのです。


婚活パーティーに参加しました

カップリングパーティーすら参加できないのか…。と落ち込んだのですが、その後何とか自分でも参加できるパーティーを見つけてパーティー当日に会場に出向いたのです。

一応期待はしていたのですが、しかし会場にいるのはどいつもこいつも恋愛市場から弾き飛ばされたような冴えないおじさんとおばさん、

もしくは若くても不美人や肥満体系の女性しかいなかったのです。…そうなんです。

この現場にいる時点で、間違いなく自分も彼らと同じなのです。そのことを考えると非常に落ち込み、胸に穴が空いたような気持ちになってしまいました。

正直その場で何を話したのか今でも何も思い出せず、その後しばらく何もできなかったのですが、しかし気持ちを切り替えて再びパーティーに参加してみました。

5~6回は参加してみましたが、だいたいどのパーティーも美人はほぼ皆無で、せいぜい普通レベルが数人、後は不美人というパターンでした。


妥協しないと、自分は、婚活や結婚に向いていません

面食いの自分はそのような女性群を見ても全く情熱が湧かず、高い参加料金のこともあるので元を取ろうと連絡先を交換したこともありますが、やはりその後連絡を取る気は起きませんでした。…

実は一応美人もいたのですが、色々と話を聞くと実は彼氏がいるけど主催者に頼まれて参加したとか、

不美人の友達に強く誘われて美味しいホテルのバイキングが主目的、といった事を聞き出してさらに落ち込みました。

ここまでが今のところ自分が行った婚活のすべてで、読めば分かると思いますが、はっきりいって自分に問題があると思います。

その後、本を読んだりネットで調べて「婚活地獄」なる言葉があることを知りましたが、間違いなく自分が招いている結果です。

まあ妥協できない方というのは婚活はもとより、結婚にも向いていないのだな、と今は強く感じています。

今後婚活をする場合にはまず妥協という言葉を強く意識しなければ、というのが今のところの結論です。